私は自分のことをおじさんだと思って生きている~育児編~

心を守る手段として、自分をおじさんだと思って生きてきたアラサー女です。要領の悪いばかでへたくそ過ぎる日々を送っています。投げ出し・逃げ癖がついた、何も成し遂げてこなかった人生です。こんな私でも、子供を奇跡的に授かりました。不器用な子育ての様子を綴ろうと思います。率直な思いとか疑問とか、ふっと検索した時にあるある、って思ってもらえたらいいな。

異常すぎた夜の過ごし方

こんにちは。

心を守る手段として、自分をおじさんだと思って生きてきたアラサー女です。

以前、「異常すぎた朝の過ごし方」について書きました。

 

www.jinnseihetakuso.site

 今回は、精神状態が悪かった時の「異常すぎた夜の過ごし方」について綴ってみようと思います。

 

 

バイト帰り

バイトが終わり、今日は19時に家に帰りついた。

我が家に帰ってきた安堵で、どっと疲れが出る。

どさっ

その場にリュックを投げ出し、座り込む。

体が重てぇ・・・

ああ・・・

もう動けない。

一ミリも動きたくない。

今日もずっと立ちっぱなしの作業だった。

安物のスニーカーだから足の裏がすごく、痛くなる。

長年の相棒だから、文句は言いたくないが・・・

ちっとは、俺の足を守ってくれよ!

ひ~

足がパンパンだ。

だが、いつまでも、こうして座っちゃいられない。

さっさと風呂に入って、寝るんだ。

明日も、バイトだ。

最後の力を振り絞ってシャワーだ。

 

さっとシャワーだけ浴びる。

ユニットバスだからお湯を溜めるのは、なかなか難しい。

それに、一人暮らしだ。

湯船に浸かるなんて、とても贅沢はできない。

 

夕飯事情

よし、寝るぞ。

 

飯はどうしたかだって?

 

そんなのは、ないっ!

給料日前なんだ。

分かるだろう。

例のごとく、金がないんだ。

ありつけるわけないだろう。

 

心配するな。

一応、食べた。

駅からマンションまでの徒歩約30分の間に。

いつもバイト帰りはめちゃくちゃお腹が空く。

だから一袋5枚入りの食パンを1日1枚ラップに包んで持ち歩いてるんだ。

もちろん、ジャムなんかの味付けは何もない。

腹が空いてたら味付けなんてなくても、食パンそのもので十分おいしく感じるんだ。

バイトの帰り道、我慢できずにそれをむさぼり食いながら帰る。

はしたないとか、言わないでくれ。

これでもこそこそ食べている。

人にみられてはいないはずだ。

 

f:id:jinseihetakuso11:20190201183423j:plain

もう、寝る

時刻は20時前。

よし、いいタイムだ。

電気を消し、万年床に横たわる。

明日のバイトはだいたい、朝の7時前に家を出れば間に合う。

まだ、出発するまで11時間あることにホッとする。

それだけあれば、体も少しは回復するだろう。

 

目が暗闇に慣れてきた。

ぼんやり、天井のシミがみえる。

 

もちろん、すぐには寝付けない。

だってまだ、20時だぞ。

今時の小学生だってそんなに早く寝たりしないだろう。

 

早く床に就く理由

世間では、まだ仕事中の人だって

これから夕飯の人だっている時間だ。

 

それが、安心するんだ。

まだ一日終わるのに猶予がある気がするんだ。

その猶予がある中で、寝たいんだ。

一日が終わればまた、新しい日がやってくる。

明日が、来るのが怖い。

 やっと、必死で今日を終えたのにすぐ明日が来るんじゃ、

とても心がついていかない。

 だまし、だましやらないと生きづらいんだ。

それに、起きてても何もすることがない。

ボーっとしてるだけだ。

それなら、少しでも横になって体を休めた方がいいだろう。

 

寝付けない

ちらっと時計をみる。

もう、21時だ。

うっ・・・!

焦ったら、いけない。

焦ると余計に寝付けなくなるぞ。

 

そろそろ、トイレだ。

 

寝床についてから、寝付くまで

最低10回はトイレに行く。

行ったところで、ちびっとしか出ない。

尿意が気になって、寝付けないんだ。

過剰だって分かっている。

 

ギュルルルルっ

空腹で、お腹が痛いくらいだ。

肉が食べたい・・・

やっぱり肉体労働だから肉を食べないとやっていけないところがある。

肉を食べた次の日は、エネルギーを少し感じる。

贅沢は言わない。

安物でもいいんだ。

とにかく、肉だ。

ハンバーガーなんて高くてめったに食べられないが

おいしいよなあ・・・

想像して、よだれが出てくる。

ああ!

だめだ!

食のことは、考えるな。

惨めになるだけだ。

飯が満足に食べられないのは、自業自得なんだ。

これを機に反省して改めるんだ!!

そう、毎回誓うが

毎回、だめだ。

自分の誓いなんていともたやすく破るんだ。

俺ってやつは・・・

 

不安になってきた

精神的にすごく、不安定になってきた。

将来の不安、過去のトラウマが渦巻く。

 

うわあああ。

 

絶望の波に、闇に飲み込まれそうになる。

f:id:jinseihetakuso11:20190201183514j:plain


 

こんな時は、テレビだ!

電気は点けず、テレビだけをつける。

なんてことのないバラエティ番組をみてると少し、落ち着く。

まだ、ゴールデンのバラエティ番組をやっている時間だと思うと安心するんだ。

まだ焦る時間じゃないさ。

ひたすら、頭を空っぽにみる。

 

それでは、また来週!

 

バラエティ番組が終わった・・・

時計をみる。

もう、23時だ。

 

こんなの、異常なんだ

絶望の時間だ。

 

さすがに、もうこの時間になれば明日の仕事に備えて寝る人も出てくる時間だ。

自分も寝付かないと、明日に響く時間だ。

そう、思えば思うほど寝付けなくなる。

あとはもう、地獄みたいな時間だ。

ちらちら、時計をみて。

トイレに無駄に行って。

あと、5時間しか眠れないだの、もう4時間しかないだのと地獄のカウントダウンだ。

 

分かってる・・・

こんなの、異常だって。

俺は、社会不適合なんだろうよ。

バイト一つ行くので、こんなに怯える毎日だ。

薬に頼って・・・

後は、どうしたらいいってんだ。

どうやって生きていったらいいのか、もう毎日分からない。

何を、目指して生きればいいんだか・・・

神様、教えてくれよ・・・

頼むから

誰か、教えてくれよ・・・

 

そして、絶望の朝がやってきた

うとうと

ようやく眠りにつけそうだって頃

 

ピピピピピっ!!

 

容赦ない、目覚ましの音が鳴り響く。

 

心も体も、いつも通り重たい。

 

 

こんな、地獄のサイクルからいつか抜け出せる日が来るんだろうか・・・

一生このままだったら、どうしようと

途方もない絶望が朝から襲う。

だが、やるしなかいんだ。

今日も。

これがへたくそ過ぎる俺の、人生なんだ。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

☝ぽちっと応援していただけるとうれしいです!