私は自分のことをおじさんだと思って生きている

心を守る手段として、自分をおじさんだと思って生きてきたアラサー女です。要領の悪いばかでへたくそ過ぎる日々を送っています。投げ出し・逃げ癖がついた、何も成し遂げてこなかった人生です。皆さんを色々な感情の渦へとお連れします。

赤ちゃんの性別判断ジンクス【検証】

お腹の赤ちゃんが男の子なのか女の子なのか分かるまで、すごく気になりますよね。

だいたい妊娠5ヵ月、21週以降に分かってくるみたいです。

性別はどちらでもよかったのですが、どっちなのかは気になって気になって仕方がなかったです。

お腹の中の赤ちゃんから得られる情報って限られているから、性別ってすごく大きな情報です。

ネットで性別判断方法を試してみては、男の子!いや女の子!?とやきもきしていました。

今回は性別判断方法のジンクスを試した結果を報告します。

f:id:jinseihetakuso11:20181225135251j:plain

 

 

性別が分かった時期

私の場合は18週目のとき4Dエコーを受けた時に判明しました。

「しっかりついてるので(男性器)、男の子ですね」と言われました。

男の子でした!

あなたはボーイだったのね。

これで名前も本格的に考えることができます。

知ることができて、とても嬉しかったです。

ジンクスの結果

  1. つわり

「つわりが重いと男の子、軽いと女の子」というジンクスがあります。

※所説あります!

つわりは重かったです。

とにかく気持ちが悪くて食欲がなくなりました。

白米大好きなのですが、一切受け付けなくなる不思議。

つわりで体重がだいたい4キロ落ちてしまいました。

甘いものがいいとか脂っこいものがいいとかは特になく、食べられるものも日によって違いました。

→「つわりが重いと男の子、軽いと女の子」のジンクスは当たっていました。

  1. お腹の出方

「お腹が前に突き出していると男の子。横に広がっていると女の子」というジンクス。

これは体形の問題なのかよく分かりませんでしたが、なんとなく突き出してる気がしていました。横に広がる感じではなく前に出る感じ。

そもそもどんな出方が前に突き出しているのか、横に広がっているのか分からなかったです。気のせいレベルです笑

→「お腹が前に突き出していると男の子。横に広がっていると女の子」のジンクスはまぐれレベルの当たりでした。

  1. 中国式産み分けカレンダー

的中率が90%前後あって高いみたいです。

↓詳しくはこちら!

中国式産み分けカレンダー 全自動計算ツール (ブラジル式にも対応)

受胎月と受胎時の妊婦の数え年による男女の出生判断の表みたいです。

中国式とブラジル式があり、どちらも女の子と出ました。

的中率が高いと書いてあるだけに、これは女の子かもしれないと思いましたが、外れ!

→「中国式産み分けカレンダー」のジンクスは外れでした。

  1. 胎動

「胎動が激しいと女の子、胎動がおとなしいと男の子」というジンクス。

今のところ胎動はニョロと腸が動くようだったり、「今から蹴るよ、蹴るからね!えっ、えい」ぽこっ(弱)というような感じで控えめです笑

→「胎動が激しいと女の子、胎動がおとなしいと男の子」のジンクスはいまのところ当たりです。

  1. 顔つき

「顔つきが優しいと女の子、顔つきが険しいと男の子」というジンクス。

つわりがきつかったから顔つきもげっそりしていた気がします。どちらかというと険しい顔だと鏡をみながらいつも思っていました。

→「顔つきが優しいと女の子、顔つきが険しいと男の子」のジンクス当たり

  1. 脈の強さ

「右の脈が強いと女の子、左の脈が強いと男の子」というジンクス。

これは夫にもやってもらって、左の方がドクドクと強く打っていたと思います。

→「右の脈が強いと女の子、左の脈が強いと男の子」のジンクス当たり。

  1. 足のかかとの内側のふくらみ

「男の子だと右足のかかとの内側が、女の子だと左か両足のかかとの内側がふくらむ」というジンクス。

かかとの内側のふくらみ?とよく分かりませんでしたがみてみると、明らかに右の足がふくらんでいました。

→「男の子だと右足のかかとの内側が、女の子だと左か両足のかかとの内側がふくらむ」のジンクス当たり

まとめ

ジンクス7つ中6つが男の子という結果。

実際、男の子でした。

当たってた!?

当たりかどうかのラインもあやしいものがいくつかありましたが・・・

科学的根拠などはない、ただのジンクスですがあれこれ想像するのが楽しいですね。

あくまでも私の場合のサンプルでした。

ご参考になればと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村