私は自分のことをおじさんだと思って生きている

心を守る手段として、自分をおじさんだと思って生きてきたアラサー女です。要領の悪いばかでへたくそ過ぎる日々を送っています。投げ出し・逃げ癖がついた、何も成し遂げてこなかった人生です。皆さんを色々な感情の渦へとお連れします。

高学歴夫と低学歴妻【結婚は反対されなかったのか】

 

夫とは学歴差がとてつもなくあります。

 

www.jinnseihetakuso.site

 

私は自身の学歴の話をしたくないくらい、何も持っていません。いわゆる低学歴です。いや本当、偏差値40台レベルです。もうこれ以上は勘弁してください。(察してくださると嬉しいです汗)

果たして高学歴の夫と低学歴の妻という組み合わせは成り立っているのでしょうか。

私たちの場合を綴っていきたいと思います。

今回はそもそも結婚を反対されなかったのか。

結婚挨拶した時の話です。

f:id:jinseihetakuso11:20190101232118j:plain

本当、私は何もないんです。

 

反対はあったのか

私の両親の反対はありませんでした。

当然と言えば当然です。

私みたいなもの、貰い手がある方がありがたいくらいですから・・・

一方、夫の方の両親の反対はあったのか。

私が知る限りはなかった模様です。

しかしですね、正直なところは分かりません。

というのも、ちょっとしたエピソードがあります。

お義父さん

夫の弟さんもご立派な学歴をお持ちです。

夫から聞いた話です。

以前、弟さんの付き合っていた方で専門学校卒の看護師さんがいたそうです。

お義父さん、お付き合いに反対していたらしいです。

学歴の面で。

うわあああ。

専門学校(十分立派です)とはいえ看護師さんでもだめなのか・・・

そんなお義父さんに弟さんは激怒。

学歴で人をみるなんて、と一時期は絶縁状態までなったみたいです。

夫の話ではそれからお義父さんも丸くなったとか。(弟さんは結局その看護師さんの方とは別れてしまったらしいです)

お義父さんはやっぱり、息子には相応しい学歴などを持っている相手を求めるものなんですね。

結婚挨拶

結婚の挨拶をしに行く時はびびりまくりでした。

家にあげてもらうことすら出来ないんじゃないかと思いました。

ちなみに、夫に私のことをどんな風に話してあるのか聞きました。

夫「特に何も言ってないよ」

私「え。ちょっと待ってよ。それ、すごくまずいよ。

前情報なしでとんでもない奴(私)が来ることになるよ」

私は学歴もありませんし、仕事も日雇い派遣で生計を立てていました。

夫「学歴の話なんかしたくないし。親とあんまり連絡取らないから言う機会なかった」と言います。

私「いや、でも挨拶行ったら絶対仕事の話とかちょっとした経歴の話くらいするでしょうよ」

いくら言っても夫はそんなことは気にしなくていいと言うだけでした。

不安は拭えません。

いよいよ、挨拶の時です。

夫の両親の見た目は普通の田舎のおじちゃん、おばちゃんといったところでしょうか。

学歴で息子の交際を反対することもある方、というイメージが強かったので、怖いイメージというか堅物のイメージがありましたが、そんなこともありませんでした。

穏やかに迎え入れてくださったように、私は感じました。(実際は分かりません)

最初は私の生まれ育ったところの話をしました。

同じ県内なので、そこそこ会話は広がります。

そして、来ました。

肝心の部分。

お義父さん「お仕事はどんなことをされているんですか?」

それは普通に気になりますよね。

私「あっ。えっと、今はいろいろな工場で派遣として働いています。工場と言っても特に資格は持っていないので軽作業をしています」

コミュ障の私、どもりながらも言いました。

包み隠さず、馬鹿正直に。

これで反対されるなら、構わないと思いました。

何が構わないのかよく分かりませんが笑

だって、これが私です。

誤魔化そう何も、それ以上になれません。

否定されたところで、もうどうしようもないです。

そんな気持ちでした。

お義父さん「へえ・・・やっぱり、東京だとそんな仕事もあるんですね。工場って大変じゃないですか」と意外な反応でした。

その後も特に反対される様子はなく、挨拶訪問は終わりました。

挨拶訪問からしばらく経った日に、夫に聞いてみましたが「特に親は何も言っていない」といいます。

実際、両家の顔合わせの時も不穏さもありませんでしたし、夫の両親から何かを言われたということも今のところありません。

小さな棘となっているもの

ただ、一つちょっと気にかかっている点が私の中にはあります。

夫は特に何も両親は言ってなかったと言いましたが、

「あ~。ご飯をかきこんで食べてたねって母親が言ってたかな。それくらい。それも別に深い意味はないよ。よく食べる子だと思われたんだよ」と後日談があります。

テーブルマナーめちゃくちゃ調べたし、気を付けていたつもりですが、緊張してやらかしていました。

女性はやっぱりそういうところみているんですね。

「ご飯をかきこんで食べてたね」って夫のいうように深い意味がなかったら別にいいですが・・・

私は気にしすぎてしまします。

「学歴もなければ、躾もなってないんだね」っていう深い意味はないのか、とか。

ひねくれすぎでしょうか。

考えすぎでしょうか。

気にしすぎているだけでしょうか。

コンプレックスの塊だからこんな風に思ってしまうだけだと、分かってはいるのですが・・・

このちょっとしたエピソードが小さな棘として私の中に残っているのです。

↓この経験があったので余計に、気にしてしまいました。

 

www.jinnseihetakuso.site

 

実際

ご両親の本当の胸の内は分かりません。

お夫婦の間で私についてどんな会話があったのかも。

私は学歴以前に、人間としても自慢できるものは何もないですから・・・

反対されても仕方ないし、何を言われても仕方ないです。

今のところは良好な関係だと私は思っています。

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村