私は自分のことをおじさんだと思って生きている

心を守る手段として、自分をおじさんだと思って生きてきたアラサー女です。要領の悪いばかでへたくそ過ぎる日々を送っています。投げ出し・逃げ癖がついた、何も成し遂げてこなかった人生です。皆さんを色々な感情の渦へとお連れします。

夫の学歴に愕然とした話

結婚する前の話です。

嘘みたいな本当の話です。

交際して半年。

半年も経てば、ある程度お互いのことは分かるようになりました。

私たちの出会いは同県出身の集いです。

 

www.jinnseihetakuso.site

 

f:id:jinseihetakuso11:20181225181415j:plain

カイジ風です

 

 出身大学と職場

付き合うことになった最初の頃にお互いの仕事の話はしました。

私「仕事はどんなことしてるんですか」

夫「○○駅で××っていう会社で働いてるよ」

○○駅っていうとオフィス街だっけ。

やっぱり東京で働いてるとそういうところが職場になるんだなあ。

××っていう会社はよく分からないな。(そもそも世の中にどんな企業があるのかよく分かっていません汗)

仕事内容もイメージしにくい。

まあ、ちゃんと働てるんだろう。くらいにしか夫の仕事に関してはその当時思っていませんでした。(今も大して変わりないか・・・)

大学の話もしたことがあります。

都内のどこかの大学だったと聞いていました。(私の認識)

あんまり人の出身大学などは興味がありませんでした。

今後の自分の進む道というか、どんな仕事をしたらいいか分からなくなって話していた時に夫はいつ自分の進むべき道が分かったのか、決めたのか聞いたことがあります。

夫「うーん。俺の場合大学2年生までは教養学部で3年生から専門分野に分かれたから・・・それまで色々大学生活の中でみえてくるものもあったかな。でも大体は高校生の頃から進みたい道は決まってたよ」と話してくれました。

大学のことはよく分からないけど、大学3年生から進路が分かれることなんてあるんだと思いました。

いろいろな大学の制度があるんだな。

私は無知だったのでよく分かりませんでした。

郵便物から驚きの事実

夫の一人暮らしのマンションにもお邪魔していました。

アクセスの便利さしか求めない夫の部屋は1Kユニットバスで狭かったです。

家賃を聞くとなんと5万円いかない値段!

住めればいいという感覚です。

私も似たような物件に住んでいたので親近感をもちました笑

質素というか素朴な暮らしが心地よかったです。

夫の部屋にお邪魔している時、暇だったので夫の郵便物の積んであるカタログなんかをみていました。

夫は持ち帰りの仕事中です。

『學士會会報』というものがありました。

大学関係のものかな。

私「この學士會会報(難しくてローマ字ないと読めませんでした)ってなに?」

f:id:jinseihetakuso11:20181225181450j:plain

※これは適当に現在あった会報の写真で、当時のものではありません。

夫「旧帝大のOBに送られてくるやつだよ」

私「ふーん・・・」

旧帝大っていうと、国立大のあれだっけ。

都内のどこかの大学って旧帝大だったんだ。

OBってことは卒業したってことだっけ。

ふ、ふーん。あ、頭いいんだな。

少しびびる私。

仕事にひと段落ついた頃に大学の話、聞いてみよう。

また郵便物に戻ります。

今度は『淡青』という冊子がありました。

f:id:jinseihetakuso11:20181225181517j:plain

※これも当時のものではありません。今手元にあったものです。

えっと・・・

いやいやいや。おかしい、おかしい。

みてはいけない文字というか、みえるはずのない文字がみえた。

旧帝大っていうと具体的にどことどこだっけ?

都内の旧帝大っていうと、あれ。

そういうことなのか・・・?

東大っていう字がみえるのは気のせいだろうか。

さっきのパターンでいくとこの冊子も「OBに送られてくるやつだよ」って言われるんだろうか・・・

頭が混乱してきました。

え、あなたもしかして東大出身だったんですか。

物覚えは異常にいいと思っていたけど・・・

いつも私の話したこと一語一句覚えてるし。

友達いない、狭い人間関係でしか生きてきませんでしたから、人の物覚えってこんなにいいんだ。やっぱり私は、ばかなんだなあ~くらいにしか思っていませんでした。

もう、聞かずにはいられません。

私「この淡青っていうのは東大のOBに送られてくるの?」

夫「そうだよ」

あっさり認めてくれます。

私「あれ、確か東京のどっかの大学だったよね」

夫「え。うん。どっかっていうか東京大学だよ。前も話したことあった気がするけど」

ははは。

私が勝手に勘違いしてたんですね。

東京大学なんて誰が思いましょうか。

夫はきっと最初の時も「東京大学」と言ったのでしょう。

それを私がそんな、まさか東大だなんて思いませんから「東京の大学」と聞き取り、都内のどこかの大学なんだなって思っていただけです。

しかもよく聞くと東大からの東大院卒。

私との学歴差はんぱない。

お前、正気かよおおおお!!状態です。

そんなオプションいらないよ・・・

こんな私と付き合ってくれるんだから、ただ居てくれるだけでいいんだよ・・・

私、学歴ないし日雇い派遣なのですが・・・

東大出身の彼氏と日雇い派遣の彼女爆誕か・・・

だって夫は私と同じ田舎出身。

高校生の頃なんて1時間くらいかけて自転車で高校まで通よっていたと聞いています。

それで浪人もせず自己流で現役合格だって!?

本当、頭いいんだな。

でもこんくらいのものです。感想は。

テレビで東大=天才!すごい!って染みついていたのでびびりましたが

実際、東大のすごさとかはよく分からないですね・・・

最近、「ドラゴン堀江」という東大を目指す番組のCMをみて、そういえば夫も東大だったなと思い出しました。

夫が学歴うんぬん言うことがまずありません。

私自身が勉強を頑張ったことないし、目指したことがないからその難しさを実感できません。(実感できない位すごいことなのかな・・・)

夫がなんてことはない風に言うので、なんてことはないんだなって思っています。

嘘みたいな本当の話でした。

いや、本当ただの私の妄想だと思われて終わりかもしれません笑

ちぐはぐ夫婦すぎますね。

※大学3年生から進路が分かれるのは『進振り』といわれる制度みたいです。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村