私は自分のことをおじさんだと思って生きている

心を守る手段として、自分をおじさんだと思って生きてきたアラサー女です。要領の悪いばかでへたくそ過ぎる日々を送っています。投げ出し・逃げ癖がついた、何も成し遂げてこなかった人生です。皆さんを色々な感情の渦へとお連れします。

教養を身につけるために【世界情勢を知る編】

前々から教養を身につけたいな、と思っていました。

そろそろあほ丸出しで生きるのはやめたい!

私が考える教養とは幅広い知識を持って、自分の頭で物事を考えることができることだと思います。

教養を身につけたいという思いはあり、ちょこちょこ本などを買ってはいたのですが手をつけることなくここまできてしまいました。

子供も出来ることだし、ある程度の教養を自分が持っていないと教えられません。

自分に教養がないばっかりに子供にも同じ思いをさせるのは親として絶対に避けたいところです。

教養のある夫の協力のもと、教養を身につけられるのか実験していきます。

今回は【世界情勢を知る】編です。

f:id:jinseihetakuso11:20181221181126j:plain

 

 

世界に親しみを持つ

世界か~。

お恥ずかしい話、アメリカの大統領はトランプ氏くらいの知識レベルしかありません。

通りで私の見る世界というものは狭いわけです。

自分の見識も広がるので国際的視点って大事だなと思います。

いかんせん、世界っていってもイメージが掴めません。

どこにどの国があるんだっけ・・・

そこで世界に親しみを持てるように地球儀を買いました。

地球儀って千円くらいで買えるんですね。お高いイメージがありました。

将来、子供と一緒に使えるので今買っても損はありません!

これで国の位置が分かり、イメージしやすくなります。

ニュースで国名が出てきたら、地球儀をくるくる回して探すのが楽しいです。

日本からこんなに遠いんだなとか、お隣にこんな国があったんだとか頭に位置が入ってきます。

 

視覚から興味を持つ

夫が世界に興味を持てると薦めてくれたのが『ナショナルジオグラフィック』という雑誌です。

どんなものかというと世界の地理学、人類学、自然・環境学、歴史、文化、最新事象などがすごく色鮮やかな写真付きで載っている雑誌です。

キャッチーな写真で目を奪われます。

1つ1つの記事が興味深くて、その国の特定分野ですがどっぷりと世界観にはまります。

写真がとにかく素晴らしくてその国に行ったみたいな気がしてきます。

例えば、今森を奪われそうになっている「アマゾンの孤立部族」の記事なんかはその部族のこと、森を追われる世界情勢の背景など様々な要因を絡めて知ることが出来ます。

独特で少し変わった視点から世界をみることができるので、知的好奇心が刺激されやすいです。

↓公式サイトはこちらです。拙い文章で良さが伝わりずらいですね・・・

natgeo.nikkeibp.co.jp

f:id:jinseihetakuso11:20181221181355j:plain

月1冊出ています。

手っ取り早く世界情勢を知るにはこれ!

夫が定期購読している雑誌です。

リアルタイムに近い世界情勢を手っ取り早く知るには『Newsweek』という雑誌が一番みたいです。

Newsweek』はアメリカの雑誌で『ニューズウィーク日本版』として出ているようです。

世界のニュースを独自の切り口で伝えて、良質な情報と洞察力ある視点とを提供するメディア。(公式HPより)

これはパラパラめくると今、ニュースで話題になってるやつだ!っていうものが詳しく載っています。

基礎知識がない私には難し目です。

分からない単語は検索、検索しながら読みます。

今までニュースで聞いていたけどよく分かっていなかったことが、分かるので賢くなった気がばりばりします。

教養身についてる感じがする~。

でもまだ分からない単語だらけなので、取っ付きにくさがあり読みずらいです。

↓公式サイトです。

www.newsweekjapan.jp

f:id:jinseihetakuso11:20181221182022j:plain

 

これから、上記の方法で世界情勢を知っていきたいと思います。

世界レベルで視野を広げて物事をみれるようになるのか。

成長した記事を書けるようになりたいと思います。

乞うご期待下さい!

 

お読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村